今後、屋久島に初めて旅行する人、特に一人旅をする人のための屋久島旅行記です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人生はどうあるべきか、どう生きるべきか5つのこと
2013年03月10日 (日) | 編集 |
イエスさまに平安があるマートン


「イエスさまに平安がある」と書かれているリストバンドです。2月の初めに沖縄に阪神のキャンプを見に行ったときにマートン選手から直接貰ったものです。マートン選手はキリスト教徒らしく、何かを信じられるってのは生きていく上で強くなれるのではと感じました。

それとはちょっと違うかもしれませんが、自分は以前より人生はどうあるべきかということを考えてきました。自分は無宗教(日本人なので神道です)ですが、同じことを考えている人の少しでもヒントになればと思って書きます。

今回沖縄に行って、キレイな海を眺めながら、自分の人生をゆっくり時間をかけて振り返ってみました。病気をした(末期の沖縄となるかもと)ので、行けるうちに行きたいところに行きたかったのもあります。それにしても一人旅は考える時間というのを強制的に与えてくれます。これまでの人生いろんなその時その時で選択をしながら歩んで来た訳ですが、振り返ってみて、もっとこうすればよかった、他の選択が出来ればよかったとか、こういう人間でありたかっただとかいろいろ考えてしまいました。どちらかと言えば後悔していることの方が多いという感じです。なかなか自分の思っていた人生のとおりに行くことはないんでしょうが、時間だけは過ぎ去っています。

そしてどういう生き方をすべきなのかということが、なぜかその日夜寝ていた時に目が覚めて5つのことが浮かんできました(メモを取りました)。なぜ急にそんなことが浮かんだのかわかりませんが、以前よりそういうことを考えてきたことがあるのかもしれません。以下がそれになります。(分かりやすいように説明文を追加しています)


人生はどうあるべきか、どう生きるべきか5つのこと


まず第1に、人生を楽しむこと

第2に、自分のやりたいことをやること、できるだけ優先させること

第3に、小さくても何か社会に貢献すること

第4に、生まれてきたこと今生きていることを奇跡と思い、すべてのことに感謝すること

最後に、一人でも多くの人を笑顔にすること


1~5までをとにかく実践できるかどうか、実践あるのみ。

まず第1に、人生を楽しむこと

「人生の第一のルールは楽しむことだ。第二のルールはない」というフレーズがあるのですが、まさにその通りなのだと思います。どんな状況下であろうと、その人生を前向きに捉えて楽しむことができることが大事だと。

以前「ラテに感謝!」という本を読んだことがあるのですが、どんな環境になろうと人生を楽しめるってことが人生を豊かにする素敵にするということだと思うのです。

同じ環境であっても、その環境を楽しめる人と、楽しめない人がいる、同じ人生を歩むなら楽しめる人のほうが断然有利だということです。何かと人と比べてしまうことが、不幸にしてしまうこともありますが、どんな状況、環境であれまず自分の人生を楽しむことが大事です。

「人生を楽しませていただいてありがとう」

これは、ホンダの創業者、本田宗一郎さんの最期の言葉です。


第2に、自分のやりたいことをやること、できるだけ優先させること

「死ぬときに後悔すること25」を読んだり「最高の人生の見つけ方」などの映画などを見ると、とにかくほとんどの人が自分のやりたいことをやっていないことを思い知らされます。「人は死の間際になってはじめて、本気で生きてこなかったことに気づく」という言葉がありますが、ほとんどの人がそうなのではないでしょうか。

世間の価値観や、いろんなしがらみがあって自分のやりたいことがあってもそれを押し隠していたり、先延ばしにしていたり、何かを言い訳にやらないってこともあると思います。

「人生で満足させなければならない相手は自分自身だけ。自分が正しいと思うことをして、その気持ちに正直になればいい」(マイクロソフトでは出会えなかった天職より)の言葉のとおり、本当は人生で満足させなければいけないのは自分自身だけなのです。他人や世間の評価でもありません。

誰もが半年後死んでしまうことが確定していれば(黒澤明監督の映画「生きる」のような)、今までと違った行動が取れるのだと思いますが、なかなかそういう気持ちにはなれません。自分が何か死んでしまうような出来事に遭遇するだとか、身近な人がそうなるようなショックなことが起きない限り、人はそういった気持ちにはなかなか変わらないようです。

それでも、少しでもそういう気持ちを持って生きるほうが本気で生きることができるでしょうし、そうでなくてもバケットリストなどを作って、できるだけ自分のやりたいことを実現できるような人生、また優先するよう人生を歩んでいくことが大事なのだと思います。

※バケットリスト 棺桶リスト、死ぬまでにやっておきたいことの一覧


第3に、小さくても何か社会に貢献すること

世の中にはいろんな仕事があります。大きな会社に勤める人もいますし、小さな会社に勤める人もいますし、自営業をやっている、職人みたいな仕事だったり、あまり知られていない仕事についている人も多くいます。

それでも、社会全体として何かの役割を担っていて、社会を支えています。お医者さんになったりで、多くの人を救えたり、何か便利になるものを発明して多くの人の役に立つものを作れたりすることも素晴らしいことです。ただそれでなくても自分なりに能力を発揮して小さくても何か社会に貢献できる人の役に立つのであれば、それで十分価値があり役割を果たしています。

それに何か社会に貢献している気持ちを持てることも大事なことです。誰かの役に立てるということになればそれだけで人は幸せになれます。お金が発生するものでなくても、何か関わりをもったりして誰かの助けになればいいし、それが地域社会や小さなコミュニティであっても構わないし、家族でも構いません。

もしそれが自分のやりたいことであって社会に貢献できるものであれば最高になります。



第4に、生まれてきたこと今生きていることを奇跡と思い、すべてのことに感謝すること

盲亀浮木の譬え(※)にありますが、誰もが生まれてきたことは奇跡だということ、また今この生きている瞬間も奇跡だということです。何か実感できないかもしれませんが、目が見えて話せて、手足が自由に動いて、美味しい物が食べられて、健康で生活できて、普段当たり前だと思っていることが実は奇跡だということです。生まれてきたことも奇跡ですが、病気をせず今生きていることも奇跡だということです。無事に生まれてきても、平均寿命まで生きられるかわかりません。がんや難病など大きな病気になって若くして亡くなっている人も多くいます。自分がそうならないとも限りません。

当たり前だと思っていることが当たり前ではありません。

一日一生という言葉があり、一日を一生と思って生きるという意味で、好きな言葉のひとつです。朝起きて、生きている素晴らしさを知り、一日一日を一生懸命生きる、一日一生と思って毎日を生きれば、それが本当の充実した一生になります。

あと毎日生きていく上で、すべてのことに感謝できること、今生きている奇跡があるから、いろんなことを経験できます。当たり前だと思っていたことが当たり前でないことを実感し、何気ない普段のやりとりも感謝の気持ちや有難うという言葉も出てきます。たとえ街での買い物ひとつ、こちらがお金を払う立場であっても感謝なのです。

何々できて有難いなあと現在感謝を忘れずに生きていけると、毎日が楽しくなります。

※盲亀浮木の譬え

「雑阿含経(ぞうあごんきょう)」の中に、「盲亀浮木の譬え(もうきふぼくのたとえ)」という次のお話があります。

お釈迦さまがあるとき、阿難(あなん)というお弟子に、

「そなたは、人間に生まれたことをどのように思っているか?」

と尋ねられた。

「はい。大変よろこんでおります」と阿難は答えた。

お釈迦さまが、「では、どれくらい喜んでいるか?」

と重ねて尋ねると、阿難は答えに窮した。

するとお釈迦さまは、一つの例え話をされた。今日「盲亀浮木の譬え(もうきふぼくのたとえ)」と言われているお話です。

果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。

その亀は、100年に1度だけ、海面に顔を出す。

広い海には1本の丸太棒が浮いていて、その丸太棒の真ん中には、小さな穴がある。

丸太棒は、風のふくまま、波のたつまま、西へ東へ、南へ北へと、漂っている。

「阿難よ。 100年に1度しか浮かびあがらないその目の見えない亀が、浮かび上がった拍子に、丸太棒の穴に、ひょいっと頭を入れることが有ると思うか?」

聞かれた阿難は驚いて、

「お釈迦さま、そんなことは、とても考えられません」

と答えた。

「絶対にない、と言い切れるか?」

お釈迦さまが念を押されると、

「何億年×何億年、何兆年×何兆年の間には、ひょっと頭を入れることがあるかもしれませんが、 ない、と言っても良いくらい難しいことです」

と阿難が答えると、

お釈迦さまは

「ところが、阿難よ。 私たちが人間に生まれることは、その亀が、丸太棒の穴に首を入れることが有るよりも、 難しいことなんだ。 有難いことなんだよ」

と、答えられたのです。

「有り難い」とは「有ることが難しい」ということで、めったにないことをいうのであり、ありがとう(有難う)の由来もここからきています。


最後に、一人でも多くの人を笑顔にすること

この最後の一人でも多くの人を笑顔にできるかどうかで人間の価値は決まるのではと思います。学歴が高いだとか、何か社会的地位があるとか、お金をたくさん持っているだとかは全く関係なく、一人でも多くの人を笑顔にできるか、失意にある人間をどれだけ励ますことができたかで人間の価値は決まるのだと思います。

これは何か特殊な能力が必要なものではありません。誰でもできることです。おそらく第1~4までのことは出来なくても、この最後の一人でも多くの人を笑顔にすることができれば、それだけで100点満点なのではないでしょうか。他のことはできなくても、一人でも多くの人を笑顔にできるかどうか、失意にある人間をどれだけ励ますことができたかで生まれてきた価値があるのだと自分は思います。

1~5までをとにかく実践できるかどうか、実践あるのみです。頭ではよく分かっているつもりでも分かっているだけでなく実践できなければダメで、少しずつでも実践できることが人間性を高めることになり、人生をよりよく生きることになるのだと思います。少しずつでも実践していく、実践あるのみです。


最後に「死ぬときに後悔すること25」より抜粋です。

緩和ケアという、主にがんの末期の患者の心身の苦痛を取り除く仕事をしているお医者さんである大津さんが、1000人の患者さんの最期を見届ける中で、死ぬ間際に患者さんが何を後悔していることの25が次になります。


1 健康を大切にしなかったこと

2 たばこを止めなかったこと

3 生前の意思を示さなかったこと

4 治療の意味を失ってしまったこと

5 自分のやりたいことをやらなかったこと

6 夢をかなえられなかったこと

7 悪事に手を染めたこと

8 感情に振り回された一生を過ごしたこと

9 他人に優しくしなかったこと

10 自分が一番と信じて疑わなかったこと

11 遺産をどうするかを決めなかったこと

12 自分の葬儀を考えなかったこと

13 故郷に帰らなかったこと

14 美味しいものを食べておかなかったこと

15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと

16 行きたい場所に旅行しなかったこと

17 会いたい人に会っておかなかったこと

18 記憶に残る恋愛をしなかったこと

19 結婚をしなかったこと

20 子供を育てなかったこと

21 子供を結婚させなかったこと

22 自分の生きた証を残さなかったこと

23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと

24 神仏の教えを知らなかったこと

25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと


死ぬときに後悔すること25を見てみても、まだ叶えられてないものが多くて残念になります。
「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいい」という言葉がありますが、これがなかなか勇気がなかったりで、できないものでもあります。ただ、今回病気になったこと(まだちょっと違和感がありますが)で、自分の生き方に多少なり変化が出てきそうに思っています。塞翁が馬となればいいんですけどね。ただ、人間何が幸せなのか。マートン選手の「イエス様に平安がある」ではありませんが、人それぞれ心の平穏を得られるってことが幸せに繋がるのではないかと思っています。

最後に「生きてるだけで丸儲け」、もっともっとと人間なりがちですが本当は生きてるだけで丸儲けなのです。それに気づくか気づかないかだけです。今、生きていること自体当たり前ではないということ。自分の思い通りでなく人生がうまくいかない時でも「生きてるだけで丸儲け」とつぶやけばそれだけで気持ちが楽になり、前向きになれます。本当は生きてるだけで十分幸せなのです。

長くなりましたが、よりよく生きるために何か一つでもヒントになれば幸いです。

おまけ 好きな話の一つ、シークレットサンタの話です。ペイフォワードの考え方とも通じるところがあります。






スポンサーサイト

あとがき
2010年10月10日 (日) | 編集 |
あとがき

屋久島の印象ですが、空気がきれい、水がきれい、緑がきれいと、いった感じで、誰もが一度は訪れてみていい場所に思います。屋久島は、登山がメインといった印象もありますが、海も川も自然がいっぱいで、屋久島を訪れたときはそういったことも楽しむべきでしょう。あまりガイドブックではメインでない場所であっても、いろいろと楽しめるものがあると思います。

あと、写真や動画などをブログにアップするにあたって、撮るときにはあまり考えて撮っていなかったもの、アップするのに構図があまりよくないもの、そのまま使えないものなどがあり、実際に使えるものとなるとけっこう減ってしまうものです。ブログなどに使う場合は写真はできるだけ多く撮る事が大切に思います。このブログは、写真と動画合わせて400枚ぐらいアップしています。

最後になりますが、このブログは屋久島にこれから行ってみようという人のために、少しでも情報を提供できればと思い簡単ではありますが作成しました。このブログを見て頂いた方が屋久島への旅の準備のお役に立ち、より良い屋久島の旅となれば幸いです。


スカイマーク133便
屋久島環境文化村センターまるりん
白谷雲水峡_水汲み
尾之間温泉足湯
リバーカヤックスピニカ
リバーカヤックスピニカ1
屋久島 一人旅 旅行記

屋久島Q&A
2010年10月10日 (日) | 編集 |
屋久島Q&A

①ジーンズで白谷雲水峡やヤクスギランドは行けますか?
登山道に入らない短いコースを選択すれば問題ありません。
ただ、山道を行くコースであれば、伸縮性のある少し厚手の長ズボンの方が適しており、安いものであればジャージが一番いいように思います。
あと山道を行くのであれば、トレッキングシューズはあったほうがいいのですが、普通の運動靴の人もいます。本格的な登山コースであれば、防水の効いたものがいいと思います。


②縄文杉コースはどれぐらい体力がいりますか?
白谷雲水峡(太鼓岩コース)で、往復4~5時間かかり、普段運動していない人、事務のような仕事の人であれば、こちらでも足や腰が痛くなったりすると思います。縄文杉コースは、往復10時間かかる本格的な登山コースです。行く人の装備も違っていますし、生半可な気持ちでは行くべきではありません。体力が十分なければいけないのは言うまでもありません。行ったけどくたくたで楽しめなかったという話も聞きます。事前に装備面、体力面十分整えてからチャレンジすべきです。


③雨具(カッパ)は必要ですか?
屋久島の天気は変わりやすいです。あるに越したことありません。縄文杉コースに行くのであれば、本格的な山登りの装備が必要なので必須です。白谷雲水峡、ヤクスギランドの短いコースであれば、すぐに戻れるので大丈夫だと思います。長いコースであれば、2000円ぐらいの安いものでもないよりあるほうが安心感はあります。雨具やトレッキングシューズなどはレンタルすることもできます。


④ガイドは必要ですか?
人それぞれになると思います。ガイドがいれば危険な場所も注意できますし、知らないことを教えてくれることもあります。
白谷雲水峡の太鼓岩往復コースであれば、通常は必要なく、ガイドをつけている人はごく少数です。
縄文杉コースは、ガイドをつけるかですが、シーズン期間であれば多くの人が目指しますので、迷うということはないと思います。それより、それ以外のあまりガイドブックにも載っていないコースを登山する場合や、いろいろと知らないことを教えてもらえることにガイドの必要性というのは高まるように思います。


⑤コンビニはありますか?
セブンイレブンやローソンなどの大手のコンビニはありません。アイショップというコンビニっぽいものはあります。パン、サンドイッチ、弁当など売っています。

アイショップ宮之浦店

⑥Aコープにはどんなものが売っていますか?
惣菜などはそんなに多く売っていません。都会のスーパーみたいに豊富に商品があると考えないほうがいいです。
パンや飲み物などはありますが、パンはイケダパンというところのパンがほとんどです。宮之浦では少し山側、安房では安房港近くにあります。あと、アイショップ同様袋がいるなら有料で5円必要となりますので、袋を持って行きましょう。

Aコープ宮之浦店

⑦飲み物の自販機はありますか?
宮之浦や安房であれば、いたるところにコカコーラなどの自販機があります。屋久島の外周沿いにもありますが、西部林道周辺は見かけません。値段も普通の値段です。ちなみに食事できるところも、宮之浦、屋久島空港近く、安房以外はあまりありません。


⑧何泊するのがいいでしょうか?
2泊3日は最低必要に思います。さすがに1泊2日では行けるところが限定されます。


⑨ベストシーズンはいつですか?
ベストシーズンは5~9月であって、一年で人が一番多い期間だそうです。それでも真夏は、けっこう暑いと思います。8~9月は台風が来ることもあります。10月に入ると人は一気に減り、12月~2月は人が来ない時期で山は雪が降ることもあるようです。


⑩一人旅の人は多いですか?
他のところに旅するよりも多いと思います。けっこう見かけました。金髪や茶髪にしている人を見ないというか、黒髪で真面目そうな人が多いです。一人旅の人は、やはりバスを利用することが多くなります。
ちなみに団体客の人は、阪急交通社とかクラブツーリズムとかで来ていて、お年寄りの人が多いです。

安房→空港バスの中

⑪宮之浦港から、宮之浦中心(宮之浦バス亭あたり)まで歩いていけますか?
歩いて15分ほどでいけます。宮之浦の街は比較的アップダウンは緩やかですので、宮之浦中心付近の宿であれば、歩いていくことは十分可能です。方向さえ合えばバスもあります。
ちなみに安房は、上下左右どちらに行っても、それなりの上り下りになっていていろいろと歩いて移動するのには厳しいものがあります。

宮之浦港から中心方面

⑫金融機関はありますか?
宮之浦も安房も、郵便局また鹿児島銀行などの金融機関があります。

宮之浦上屋久郵便局

⑬観光案内所はありますか?
宮之浦港、屋久島空港近く、安房(モスバーガー隣)にあります。
観光地の紹介など何か困ったことがあったら相談にのってくれます。宮之浦や安房ほか屋久島のマップなども置いてあります。

安房観光案内所
屋久島Q&A 質問 回答

低画質_屋久島の動画いろいろ2
2010年10月10日 (日) | 編集 |
他ブログ各ページにおいてユーチューブにてアップし直しているものと一部を除いてほぼ同じものです。

低画質_屋久島の動画いろいろ2

*白谷雲水峡へのバスからの景色
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡へのバスからの景色

*白谷雲水峡_駐車場~入口
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡_駐車場~入口

白谷雲水峡1
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡1

白谷雲水峡2
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡2

*白谷雲水峡3
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡3

白谷雲水峡4
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡4

白谷雲水峡5
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡5

*白谷雲水峡6
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡6

白谷雲水峡7
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡7

白谷雲水峡8
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡8

*太鼓岩への道
動画:屋久島 一人旅 白谷雲水峡_太鼓岩への道

太鼓岩1
動画:屋久島 一人旅 太鼓岩1

*太鼓岩2
動画:屋久島 一人旅 太鼓岩2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。